簿記検定 を受けて見ると世界が変わる

簿記検定 を受けて見ると世界が変わる。
それは、経済の流れをちらっと理解できるからかもしれません。
学ぶ前は、そんなにパンを食べる時に、これは工場で生産された食べ物だが実際は、100個作ったらロスがこれくらいの割合であるのかなとか、おせんべい だったら、よく「こわれせん」って販売していますが、これってロスの捨てる部分を再利用で販売してるんだってことを考えもせずに値段だけ見て買うってこと は少なくないかもしれません。
そして、簿記検定を受けるってことはそんな日常のカラクリを楽しく学んだことの評価かもしれません。
そして、実際のテストは、商業簿記と工業簿記に別れます。
仕入れから始まって、損益計算書とか財務諸表とかの企業の経済活動の質問が出たりとか先ほどの製品のロス等の問題もあるかもしれません。
また、この学問を学ぶことで数値で物事を判断することもあなたの考え方の1つに加えることができる素敵な検定試験だと思います。
まとめると、社会の縮図をぱっと見ることができるかもしれません。